• 【Q&A】よくあるご質問

新規口座開設

  • 資料請求・口座開設
  • 国内商品先物取引口座開設はこちら

口座をお持ちのお客さま

  • Formula 取引ツール フォーミュラのログイン画面へ

基礎の基礎3「全部でいくらの取引をするのに、いくら必要で、どのくらい利益(損失)があるの?」|商品先物取引のガイド|国内商品先物|楽天証券の商品先物取引「ドットコモディティ」

国内商品先物取引|商品先物取引のガイド|基礎の基礎編 - 実践前にこれだけは知っておきましょう -

基礎の基礎3「全部でいくらの取引をするのに、いくら必要で、
どのくらい利益(損失)があるの?」

『金(ゴールド)』を一番小さな単位で取引したら総額は?

取引の単位は『枚(まい)』といい、『金(ゴールド)』では一番小さな取引の単位である1枚で、総額は450万円くらい(2016年5月現在)の取引です。

『相場表』の値段を1,000倍(※)すれば、その時の総額がわかります。

必要な資金は90,000円(2016年5月現在)ですので、総額の約50分の1の資金で取引ができます。
必要な資金については、その時の市場の状況によって、変更されます。

『金(ゴールド)』では1,000を掛けますが、倍率は銘柄によって違います。
例えば『白金(プラチナ)』では500を掛けて、「金ミニ」「白金ミニ」は100を掛けて計算する取引所のルールとなっています。

利益(損失)はどうやって計算するの?

利益(損失)の額については、分かりやすいので、国内の金先物(1枚=1,000g)を買った場合を例に説明します。

買った値段から1円高く売れば1,000円の粗利益です。

逆に、1円下がると1,000円の粗損失となります。この計算も、売った値段と買った値段の差の1,000倍(※)です。

手数料は往復で640円(税込)ですので、買った値段より1円でも高く売れれば利益が出ることになります。

もっと具体的な利益(損失)の目安は?

その時々の市場の状況によって、値動きの大きさが違いますので、かなり大雑把な目安ですが、金先物(期先引継ぎ)における過去1年間(2015年5月16日から2016年5月17日)の日中の値幅(=高値-安値)の平均は約62円でした。

1日分の値動きだと、一番小さな単位で取引していたとすると、62,000円の粗利益(粗損失)とになります。

取引を始めるのに必要な資金が90,000円(2016年5月現在)であることを考えると、1日で69%の粗利益(粗損失)があったことになりますね。

もちろん、市場の状況によって、値動きはもっと大きくなったり小さくなったりします。

粗利益/粗損失;手数料のコストを考慮していない利益/損失のこと。

『金(ゴールド)』には『通常取引』と『ミニ』がある

『ミニ』ははじめての取引にお手頃なサイズ

ここまでの説明は金の『標準取引』についてご案内してきましたが、東京商品取引所での『金(ゴールド)』には、『標準取引』と『ミニ取引』の2種類あります。

はじめて取引をされる方にも、『ミニ取引』は手頃なサイズです。

『標準取引』 『ミニ取引』
取引の量 1枚あたり1キロ(1,000グラム)の取引 1枚あたり100グラムの取引
1枚の
証拠金
90,000円(2016年5月現在) 9,000円(2016年5月現在)
利益 買った値段から1円高く転売できれば1,000円の利益
売った値段から1円安く買い戻せれば1,000円の利益
買った値段から1円高く転売できれば100円の利益
売った値段から1円安く買い戻せれば100円の利益
損失 買った値段から1円安く転売すると1,000円の損失
買った値段から1円安く転売すると1,000円の損失
売った値段から1円高く買い戻すと100円の損失
売った値段から1円高く買い戻すと100円の損失

最新の証拠金額は証拠金、倍率、CBなどなどでご確認ください。

実際の売買では売買手数料が掛かりますので、上記利益(損失)と同額の結果とはなりません。

注意事項及びリスク開示

楽天証券で取扱っている商品(国内商品先物取引)は、元本及び利益が保証されるものではなく、証拠金を預託することにより少額の資金でその数倍~数十倍の金額のお取引を行うことが可能なレバレッジ商品です。このレバレッジ効果のため、相場の変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。ロスカット注文が設定できる取引であっても、相場の急激な変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。また、相場の変動により追加で証拠金を預託する必要が生じる可能性があります。
各商品の「取引証拠金の額または計算方法」、「ご負担いただく手数料等」及び「リスク等」は商品毎に異なりますので明示できません。各商品の詳細につきましては、「当社Webサイトの当該商品のページ」もしくは「契約締結前交付書面等」をご確認ください。
お取引に際しましては「契約締結前交付書面等」を熟読の上、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組み下さい。

会社の概要
  • 社名:楽天証券株式会社 URL https://www.rakuten-sec.co.jp/
  • 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号
  • 商品先物取引業者
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
  • 所在地:〒158-0094 東京都世田谷区玉川 1-14-1
  • 資本金:7,495百万円
  • 設立:1999年(平成11年)3月24日
取引等に関するご相談

楽天証券(株) カスタマーサービスセンター 電話:0120-41-1004 ※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは、0570-07-1004 / 03-6739-3333 (有料)
(受付時間:8:00~18:00 土日祝日・年末年始を除く)

当社に対するご意見・苦情の申し立て

お取引に関する相談等は

楽天証券(株) カスタマーサービスセンター
  • 電話:0120-41-1004(通話無料)
    ※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは、0570-07-1004 / 03-6739-3333 (有料)
  • 受付時間:8:00~18:00 (土日祝日・年末年始を除く)
  • E-Mail:customer@commodity.co.jp

楽天証券の商品先物取引「ドットコモディティ」 > 国内商品先物 > 商品先物取引のガイド > 基礎の基礎3「全部でいくらの取引をするのに、いくら必要で、どのくらい利益(損失)があるの?」

ページの先頭へ