• 【Q&A】よくあるご質問

新規口座開設

  • 資料請求・口座開設
  • 国内商品先物取引口座開設はこちら

口座をお持ちのお客さま

  • Formula 取引ツール フォーミュラのログイン画面へ

注文方法に関するルール|取引ルール|国内商品先物|楽天証券の商品先物取引「ドットコモディティ」

国内商品先物取引|取引ルール

注文方法に関するルール

国内商品先物専用取引ツールでご利用いただける注文をご案内します。

ご利用可能な注文の種類

ドットコモディティでは、注文の種類、執行条件、約定条件をそれぞれ以下の4注文にカスタマイズしてご提供いたしております。

1.指値

希望の価格で買いたい時や売りたい時に「指値」を使います。

「2,800円まで下がってきたら買おう。」「3,000円まで上がったら一旦利食い売りしよう」というような時に、希望価格もしくはそれよりも有利な価格で成立します。

注文の有効期間までに希望価格に至らなかった場合、注文は不成立となります。

指値について

注文の執行条件が指値、約定条件がFaS(約定できる数量は約定し、残枚数は市場に保持される)を組み合わせた注文です。

2.成行

「今すぐ買いたい。」「今すぐ売りたい。」と判断した時に「成行」を使います。

今のタイミングを逃すことなくすぐに買おう、すぐに売ろうという時に、市場価格で即座に成立するメリットがあります。人気の注文条件です。

成行について

注文の執行条件が成行、約定条件がFaK(約定できる数量は約定し、残枚数は失効(キャンセル)される)を組み合わせた注文。

3.STOP

損失額が大きくならないように、ある価格まで下がったら自動的に決済の注文を出すことにより、損失に歯止めをかける時に「STOP」を使います。

例えば、○○円以下になったら成行で売る(決済)ことによって 損失に歯止めをかけたい時は、○○円以下の「STOP」の売り(決済)注文を出します。

また、揉みあい(レンジ)相場の時に、レンジを上に離れたときに新規に買うような場合は、○○円以上の「STOP」の買い(新規)注文を出します。

それぞれ成行注文となります。よって、指定した値段と同値で成立する場合、指定した値段より有利な値段で成立する場合、指定した値段より不利な値段で成立する場合、見合う注文がなく不成立となる場合があります。

○○円(条件とする値段)の指定は、国内商品先物専用取引ツールの注文画面の「トリガー」欄にご指定ください。

【注意】トリガー欄に入力する値段は、現在値より不利(買い注文なら現在値より高い値段、売り注文なら現在値より安い値段)な値段を入力します。

例)4,350円以下になったら、成行で売り決済したい場合

STOPについて

4.引指注文・引成注文

夜間取引の引板わせ、或いは日中取引の引け板わせのみに執行する注文です。
その執行条件が「指値」となるものを「引指(ひけさし)注文」です。
執行条件を「成行」としたものが「引成(ひけなり)注文」です。
いずれも夜間や日中のザラバ中に注文執行されることはありません。

注文の優先順位について

取引所において執行される注文は優先順位があります。

価格優先とは

  1. 「高い」買いのリミット注文は、「安い」買いのリミット注文より優先されます。
  2. 「安い」売りのリミット注文は、「高い」売りのリミット注文より優先されます。
  3. マーケット注文は他の注文に対して価格的に優先されます。

時間優先とは

同一値段の注文(価格的には同じ優先順位)は、先に受付けた注文が遅く受付けた注文より優先されます。

ご注意点

  • 成行は対当する注文がない場合(市場参加者がいない場合)は注文がキャンセルされます。
  • 銘柄や限月によっては市場流動性が極めて低い場合もありますので、注文状況を確認して発注することを推奨します。

【コラム】カスタマイズ前の注文

東京商品取引所の「3つの約定条件」

FaS(フィル&ストア)

約定できる数量は約定し、残数量は注文として残る条件

FaK(フィル&キル)

約定できる数量は約定し、残数量はキャンセルされる条件

FoK(フィルorキル)

全量約定するか、全量約定できない場合はキャンセルされる条件

注意事項及びリスク開示

楽天証券で取扱っている商品(国内商品先物取引)は、元本及び利益が保証されるものではなく、証拠金を預託することにより少額の資金でその数倍~数十倍の金額のお取引を行うことが可能なレバレッジ商品です。このレバレッジ効果のため、相場の変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。ロスカット注文が設定できる取引であっても、相場の急激な変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。また、相場の変動により追加で証拠金を預託する必要が生じる可能性があります。
各商品の「取引証拠金の額または計算方法」、「ご負担いただく手数料等」及び「リスク等」は商品毎に異なりますので明示できません。各商品の詳細につきましては、「当社Webサイトの当該商品のページ」もしくは「契約締結前交付書面等」をご確認ください。
お取引に際しましては「契約締結前交付書面等」を熟読の上、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組み下さい。

会社の概要
  • 社名:楽天証券株式会社 URL https://www.rakuten-sec.co.jp/
  • 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号
  • 商品先物取引業者
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
  • 所在地:〒158-0094 東京都世田谷区玉川 1-14-1
  • 資本金:7,495百万円
  • 設立:1999年(平成11年)3月24日
取引等に関するご相談

楽天証券(株) カスタマーサービスセンター 電話:0120-41-1004 ※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは、0570-07-1004 / 03-6739-3333 (有料)
(受付時間:8:00~18:00 土日祝日・年末年始を除く)

当社に対するご意見・苦情の申し立て

お取引に関する相談等は

楽天証券(株) カスタマーサービスセンター
  • 電話:0120-41-1004(通話無料)
    ※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは、0570-07-1004 / 03-6739-3333 (有料)
  • 受付時間:8:00~18:00 (土日祝日・年末年始を除く)
  • E-Mail:customer@commodity.co.jp

ページの先頭へ