• 【Q&A】よくあるご質問

新規口座開設

  • 資料請求・口座開設
  • 国内商品先物取引口座開設はこちら

口座をお持ちのお客さま

  • Formula 取引ツール フォーミュラのログイン画面へ

金相場|楽天証券の商品先物取引「ドットコモディティ」

金相場

海外金相場・ニューヨーク金の価格と市況

お客さま各位
長きにわたり提供してまいりました「金相場の市況」は、2016年8月26日(金)をもって更新を終了いたしました。これまでご覧いただき誠にありがとうございました。
今後は『デイリー金&原油コメント』をご活用くださいますようお願い申し上げます。
(ウェブ画面(パソコン)にて表示することが可能です)
16/08/26. 8:30 更新
限月 始値 高値 安値 帳入値 前日比
(16/10) 1323.7 1326.5 1317.4 1321.2 -4.9
(16/12) 1327.4 1330.2 1321.0 1324.6 -5.1
(16/9) 1850.0 1862.0 1844.0 1848.9 -6.7
(16/12) 1864.5 1875.0 1856.0 1861.5 -7.3
推定出来高 前日出来高 前日取組高 (前々日比)
311,508 259,942 565,896 (-7,077)
96,759 105,984 205,845 (-419)

注:4本値および出来高・取組高は、相場表と異なる場合があります。当該取引所から電子取引を含む相場データの訂正が頻出しています。市況送信の際は細心の注意を払っていますが、最新データは相場表でご確認ください。

NY為替 ユーロ NYダウ 18,448.41 -33.07
24日 100.47/52 1.1264/69 ナスダック 5,212.20 -5.50
25日 100.57/62 1.1281/86 10年米国債利回り 1.58 +0.02
NY原油 (16/10) 47.33 +0.56 SPDR保有金残高 958.37 0.00

なぜ金の相場が注目されているのか?

先物取引で今もっとも注目すべき商品「金」はどのように取引されているのでしょうか。
価格変動の仕組みをしっかり理解して運用に役立てましょう!

金レートの動向を把握できれば世界が見えるといわれるほど超メジャー銘柄です。
最近では、特定の国の信用リスクや為替の動向も気にせずに取引できるため「無国籍通貨」とも言われています。

今でも「世界のお金」といえば、基軸通貨である「米ドル」と思われているでしょうか。
しかし、2008年のリーマンショック以降、米国の金融システムや、米ドルの信認が著しく低下しました。そこで、「究極のお金」が復活することになります。

「究極のお金」、それが「金」です

米ドル建て資産の価値が目減りする心配をする人や各国の中央銀行などにおいて、金を資産の一部として出し入れする動きが見られます。

なかには国家戦略として保有を高めようとする国も出てきているほどです。


金の価格によって裏付けられていた「お金」

かつて、お金は「金」や「銀」などの価格は資産の裏づけがされていましたが、1971年のニクソンショック以降、米ドルはどの資産の裏づけもない紙幣となりました。

資産の裏づけがなく、「信用創造」によっていくらでも作り出すことのできる米ドルの危機に気づいた国や投資家が、いまでも金を買い続けています。

世界の金の市場

世界の金市場金には現物を取引する市場と先物を取引する市場があります。

現物取引の中心はロンドンで、現物価格はロンドンの金市場で1日2回値決めされる価格(フィキシング・プライス)が指標になっています。

一方、先物市場はニューヨーク市場が中心になります。
現在では先物市場のほうが市場規模が大きいので、ニューヨーク市場が価格全体をリードしているといえます。

このほか、日本や香港、シンガポール、韓国などのアジア勢から、チューリッヒ、ブラジルなどにも取引市場があります。

金のチャートをチェック

ドットコモディティ口座では、取引ツール「Formula」やチャート分析ソフト「Futures Analyst」で、金のチャートをご覧いただけます。
また、NYと東京の40年間のロングチャートをご用意いたしました。このチャートで金の値動きと主な変動要因がわかるようになっています。
お取引口座をお持ちでは無い方も「Futures Analyst ベーシックバージョン」(無料)をお使いいただければ、チャートをご覧いただけるようになります。

金価格の変動要因

価格変動に影響する要因は多岐にわたります。

通貨、金利動向、株式・債券動向、国際情勢、ファンドマネーや年金動向、鉱山会社の供給事情やヘッジ戦略事情、アジアや中東地域での消費・投資動向、世界各国の政情不安などetc...です。

代表的な変動要因

「株が値上がりすると...?」株式市場の動向

株式市場(マーケット)は景気動向の重要な指標となります。
株価の上昇は将来の景気拡大を予想させ、工業用需要の拡大や個人の可処分所得の増大、また、インフレ上昇懸念を高める為に値上がりの材料になります。

株式市場の動向 ただし、近年では金融、通貨から現物、先物市場までマネーゲームの場としての性格を強め、投機資金が株式市場に流入したり、金市場に流入するといった状況がしばしば起こるようになりました。

そのため、株価の上昇は株式市場への投機資金の流入を意味するため、金価格にとって値下がり材料になる時もあれば、逆のケースの時もあります。


有事の金買い

1987年のブラック・マンデー(NY株式市場の暴落を発端とした世界同時株安)の際に金が急騰しました。

2007年の米国サブプライムローン問題や、2008年のリーマンショックの際に、資金の逃避先として買われました。

インフレ動向

インフレ動向に敏感な金価格ですが、インフレ動向については特に米国の物価指数が注目されます。

代表的な物価指数としては消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)が挙げられますが中長期のインフレ傾向を見る上では注目されます。

金相場にもっと詳しくなる

金に関するよくある質問

金の相場についてや金先物取引に関するよくある質問はこちらからチェック !

[先物] 金(gold)の現受けはできるの?
金(gold)なら、現物の受渡しが可能です。

免責事項

当レポートはマーケット情報の提供を目的としたもので、特定の商品の勧誘及び販売を目的として作成されたものではありません。当レポートは、信頼性が高いとみなす情報等に基づいて作成しておりますが、その正確性・完全性等について保証するものではありません。当レポートに示すデータ・意見は作成者の見解を示すものですが、当レポートにより被った損害を補償するものではありません。当レポートを参考に投資を行う場合、投資にあたっての最終判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。投資による損益はすべて投資者であるお客様に帰属します。

注意事項及びリスク開示

楽天証券で取扱っている商品(国内商品先物取引)は、元本及び利益が保証されるものではなく、証拠金を預託することにより少額の資金でその数倍~数十倍の金額のお取引を行うことが可能なレバレッジ商品です。このレバレッジ効果のため、相場の変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。ロスカット注文が設定できる取引であっても、相場の急激な変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。また、相場の変動により追加で証拠金を預託する必要が生じる可能性があります。
各商品の「取引証拠金の額または計算方法」、「ご負担いただく手数料等」及び「リスク等」は商品毎に異なりますので明示できません。各商品の詳細につきましては、「当社Webサイトの当該商品のページ」もしくは「契約締結前交付書面等」をご確認ください。
お取引に際しましては「契約締結前交付書面等」を熟読の上、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組み下さい。

会社の概要
  • 社名:楽天証券株式会社 URL https://www.rakuten-sec.co.jp/
  • 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号
  • 商品先物取引業者
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
  • 所在地:〒158-0094 東京都世田谷区玉川 1-14-1
  • 資本金:7,495百万円
  • 設立:1999年(平成11年)3月24日
取引等に関するご相談

楽天証券(株) カスタマーサービスセンター 電話:0120-41-1004 ※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは、0570-07-1004 / 03-6739-3333 (有料)
(受付時間:8:00~18:00 土日祝日・年末年始を除く)

当社に対するご意見・苦情の申し立て

お取引に関する相談等は

楽天証券(株) カスタマーサービスセンター
  • 電話:0120-41-1004(通話無料)
    ※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは、0570-07-1004 / 03-6739-3333 (有料)
  • 受付時間:8:00~18:00 (土日祝日・年末年始を除く)
  • E-Mail:customer@commodity.co.jp

楽天証券の商品先物取引「ドットコモディティ」 > 取扱銘柄 > 金の先物はこちら!金の相場など最新情報をわかりやすく解説

ページの先頭へ