• 【Q&A】よくあるご質問

新規口座開設

  • 資料請求・口座開設
  • 国内商品先物取引口座開設はこちら

口座をお持ちのお客さま

  • Formula 取引ツール フォーミュラのログイン画面へ

2014.08.14 NY金・銀市況=金は上昇、銀は小幅続落、米景気減速懸念で金が上昇|金相場|楽天証券の商品先物取引「ドットコモディティ」

マーケット情報| 金相場 バックナンバー

2014.08.14 NY金・銀市況=金は上昇、銀は小幅続落、米景気減速懸念で金が上昇

14/08/14 . 8:30 更新
限月 始値 高値 安値 帳入値 前日比
(14/10) 1308.6 1315.4 1305.3 1313.7 + 3.9
(14/12) 1309.6 1316.4 1306.0 1314.5 + 3.9
(14/ 9) 1992.5 2008.5 1970.5 1984.5 - 6.0
(14/12) 1998.0 2014.0 1977.0 1990.9 - 6.1
推定出来高 前日出来高 前日取組高 (前々日比)
101,316 111,700 368,114 (+ 4,530)
61,028 59,163 158,219 (+ 1,188)

注:4本値および出来高・取組高は、相場表と異なる場合があります。当該取引所から電子取引を含む相場データの訂正が頻出しています。市況送信の際は細心の注意を払っていますが、最新データは相場表でご確認ください。   

NY為替 ユーロ NYダウ 16,651.80 + 91.26
12日 102.22/23 1.3365/69 ナスダック 4,434.13 + 44.88
13日 102.42/43 1.3363/64 10年米国債利回り 2.41 - 0.04
NY原油 (14/ 9) 97.59 + 0.22 SPDR保有金残高 795.60 - 0.26

 ニューヨーク金は上昇、銀は小幅続落。終値の前日比は金が2.6~4.0ドル高、 中心限月の12月限が3.9ドル高、銀が6.6~5.9セント安、中心限月の9月限 が6.0セント安。  金12月限は、ドル高や株価上昇で売りが優勢になり、前日安値を下回ったが、米小 売売上高が予想を下回ったことやドル反落、早期金融引き締め観測の後退で反発した。  銀9月限は、ドル反発や金の反落が圧迫したあと、予想を下回る米小売売上高やドル 反落、金の上昇で時間外取引の高値を抜いたが、米景気減速やドル反発で値を消した。

 ニューヨーク金12月限は、時間外取引を1312.5~1306.0ドルのレンジ で推移し、前日比3.6ドル安の1307.0ドルとなった。12月限は、決め手難か らしばらく前日終値(1310.6ドル)をはさんでもみ合ったあと、ドル安でレンジ を上放れたが、ドル反発や株価上昇が圧迫して反落に転じた。ドル反落で反発したが、 高値にとどかずマイナスに転落、逆に前日安値(1306.1ドル)を下回った。

 立会時間は、時間外取引の安値で下げ止まったあとは、米小売売上高が予想を下回っ たことでドルが急落したため、押し目買いや買い戻しを誘って時間外取引の高値を突破 した。米国の早期金融引き締め観測が後退したことも支援材料となり、1316.4ド ル(5.8ドル高:0.4%)まで上値を伸ばした。ドル反発や株価の上値追いで下押 されたが、原油の反発で戻り歩調となった。米国がイラクに地上軍を派遣との思惑が広 がっていることや、イスラエルとハマスの停戦交渉が難航していること、ロシアの人道 支援に対する欧州・ウクライナの懸念など、地政学的リスクが維持されていることも買 いを促した要因。地政学的リスクと米金融引き締め観測が交錯するなか、金相場は 1300ドルを上回って推移しているが、夏休みで市場参加者が限られるため、今週は 小幅レンジの値動きが続いている。

 ニューヨーク銀9月限は、時間外取引を2007.0~1985.0セントのレンジ で推移し、前日比2.0セント安の1988.5セントとなった。9月限は、高寄りし たあとも、ドル安や株価上昇を好感して20ドル台を回復した。しなしながら、ドル反 発や金の反落が圧迫し、前日安値(1987.5セント)を下回った。

 立会時間は、米小売売上高が予想を下回ってドルが反落、金が反発したことを受け、 時間外取引の高値を抜いて2008.5セント(18.0セント高:0.9%)まで切 り返した。米国の早期金融引き締め観測の後退も強材料。しかしながら、ドル反発や原 油反落、金の押しが圧迫、時間外取引の安値を下回って1970.5セント(20.0 セント安:1.0%)まで値を消した。ただ、株価上昇や原油反発で持ち直した。 

 8月12日のコメックス指定倉庫在庫は、金が前日比変わらずの973万6797オ ンス、銀は9万2739オンス減少の1億7514万1207オンス。

 今日の材料
・2Q日本GDPは前期比1.7%減少(年率6.8%)、2期ぶりのマイナス成長。
・7月の中国の新規人民元建て融資は3852億元、予想の7275億元を下回る。
・7月の中国の鉱工業生産は前年同月比9.0%増加、予想と一致。
・7月の小売売上高は前年同月比12.2%増加。予想の12.4%増加を下回る。
・1─7月の中国不動産投資は前年比13.7%増加、不動産販売は8.2%減少。
・6月のユーロ圏鉱工業生産は前月比0.3%減少、予想の0.3%増加を覆す。
・7月の米小売売上高は前月比変わらず、予想の0.2%増加を下回る。
・6月の米企業在庫は前月比0.4%増加、予想と一致。
・イラクのマリキ氏が退陣拒否、新首相指名は憲法違反と指摘。
・ウクライナ首相、ロシアの人道支援は赤十字監督の下で実施する必要があると発言。

(インベステック シカゴ/小形一郎)

2014年8月の海外金相場市況の一覧

2014/8/30
NY金・銀市況=金、銀ともに反落、米利上げ観測やドル高加速が圧迫
2014/8/29
NY金・銀市況=金は反発、銀は続伸、ウクライナ緊張で金に逃避買い
2014/8/28
NY金・銀市況=金は小反落、銀は堅調、米早期金利引き上げ観測が圧迫
2014/8/27
NY金・銀市況=金は反発、銀は堅調、地政学的リスクの高まりで
2014/8/26
NY金・銀市況=金は小反落、銀は軟調、新規材料難でインサイド・デー
2014/8/23
NY金・銀市況=金は反発、銀は軟調、ウクライナ緊張で金は高引け
2014/8/22
NY金・銀市況=金は大幅続落、銀は反落、米国の早期利上げ観測が圧迫
2014/8/21
NY金・銀市況=金は小幅続落、銀は反発、議事録公開を控えて動意薄
2014/8/20
NY金・銀市況=金は小幅続落、銀は急反落、米インフレ沈静やドル高が圧迫
2014/8/19
NY金・銀市況=金は続落、銀は反発、ウクライナ緊張緩和が金を圧迫
2014/8/16
NY金・銀市況=金は反落、銀は急反落、テクニカル売りが圧迫
2014/8/15
NY金・銀市況=金は小幅続伸、銀は小反発、米景気減速懸念を好感
2014/8/14
NY金・銀市況=金は上昇、銀は小幅続落、米景気減速懸念で金が上昇
2014/8/13
NY金・銀市況=金は期近が堅調、銀は反落、決め手難で方向感を失う
2014/8/12
NY金・銀市況=金は軟調、銀は反発、ドル高・株高が金を圧迫
2014/8/09
NY金・銀市況=金は小反落、銀は小幅続落、週末を控えた整理売りが優勢に
2014/8/08
NY金・銀市況=金は続伸、銀は軟調、株価下落で金に逃避買いが入る
2014/8/07
NY金・銀市況=金は急反発、銀は反発、ウクライナ緊張で逃避買いが入る
2014/8/06
NY金・銀市況=金は続落、銀は大幅続落、米金利上昇懸念やドル高が圧迫
2014/8/05
NY金・銀市況=金は反落、銀は続落、米金利上昇懸念が圧迫
2014/8/02
NY金・銀市況=金は反発、銀は小幅続落、金は予想を下回る米雇用をはやす
2014/8/01
NY金・銀市況=金は大幅続落、銀は反落、米労働市場の改善観測が圧迫

免責事項

当レポートはマーケット情報の提供を目的としたもので、特定の商品の勧誘及び販売を目的として作成されたものではありません。当レポートは、信頼性が高いとみなす情報等に基づいて作成しておりますが、その正確性・完全性等について保証するものではありません。当レポートに示すデータ・意見は作成者の見解を示すものですが、当レポートにより被った損害を補償するものではありません。当レポートを参考に投資を行う場合、投資にあたっての最終判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。投資による損益はすべて投資者であるお客様に帰属します。

注意事項及びリスク開示

楽天証券で取扱っている商品(国内商品先物取引)は、元本及び利益が保証されるものではなく、証拠金を預託することにより少額の資金でその数倍~数十倍の金額のお取引を行うことが可能なレバレッジ商品です。このレバレッジ効果のため、相場の変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。ロスカット注文が設定できる取引であっても、相場の急激な変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。また、相場の変動により追加で証拠金を預託する必要が生じる可能性があります。
各商品の「取引証拠金の額または計算方法」、「ご負担いただく手数料等」及び「リスク等」は商品毎に異なりますので明示できません。各商品の詳細につきましては、「当社Webサイトの当該商品のページ」もしくは「契約締結前交付書面等」をご確認ください。
お取引に際しましては「契約締結前交付書面等」を熟読の上、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組み下さい。

会社の概要
  • 社名:楽天証券株式会社 URL https://www.rakuten-sec.co.jp/
  • 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号
  • 商品先物取引業者
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
  • 所在地:〒158-0094 東京都世田谷区玉川 1-14-1
  • 資本金:7,495百万円
  • 設立:1999年(平成11年)3月24日
取引等に関するご相談

楽天証券(株) カスタマーサービスセンター 電話:0120-41-1004 ※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは、0570-07-1004 / 03-6739-3333 (有料)
(受付時間:8:00~18:00 土日祝日・年末年始を除く)

当社に対するご意見・苦情の申し立て

お取引に関する相談等は

楽天証券(株) カスタマーサービスセンター
  • 電話:0120-41-1004(通話無料)
    ※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは、0570-07-1004 / 03-6739-3333 (有料)
  • 受付時間:8:00~18:00 (土日祝日・年末年始を除く)
  • E-Mail:customer@commodity.co.jp

楽天証券の商品先物取引「ドットコモディティ」 > 取扱銘柄 > 2014.08.14 NY金・銀市況=金は上昇、銀は小幅続落、米景気減速懸念で金が上昇

ページの先頭へ