• 【Q&A】よくあるご質問

新規口座開設

  • 資料請求・口座開設
  • 国内商品先物取引口座開設はこちら

口座をお持ちのお客さま

  • Formula 取引ツール フォーミュラのログイン画面へ

【重要】取引所の制度変更に伴うサービス内容の変更について

ニュースリリース

【重要】取引所の制度変更に伴うサービス内容の変更について

2016年9月9日

お客様各位

平素は当社・国内商品先物取引口座をご利用いただき誠にありがとうございます。
取引所の制度変更に伴い、当社国内商品先物取引における変更点をご案内いたします。つきましては、下記ご案内をご確認ください。

今回のご案内のポイント

  • 当社国内商品先物における取引ルールの変更を2016年9月20日に実施します。
  • 今回の当社国内商品先物取引きのルール変更点は、大きく6点あります。
    1. 日中立会は午前8時45分開始
    2. 夜間取引終了取引時間は午前5時30分
    3. 証拠金不足未対処時の対処期限は不足金が確定した日の翌営業日午前9時
    4. 強制決済対象となる建玉は不足金が確定した時点の建玉
    5. 金限日の取扱いを9月20日に開始
    6. 新甫発会(しんぽはっかい)する限月の取引開始は日中立会寄付きから

当社国内商品先物における取引ルールの変更を2016年9月20日に実施します。

取引所の制度変更に伴い、当社国内商品先物取引における取引規程、取引のガイドの内容を2016年9月20日より変更いたします。

ご利用のお客さまにおかれましては、取引ツールFormula(標準版)にログインを行っていただき、ログイン後に表示される同意手続き画面上から、変更内容の同意手続きを必ずおとりください。

この手続きをお取りいただけない場合、2016年9月20日分のお取引から新規取引に係る発注制限をかけさせていただきます。

同意手続きにおける注意点

  • 2016年9月16日大引けまでに変更内容の同意手続きをいただけない場合、翌営業日9月20日(火)分のお取引より新規注文の発注がご利用いただけません。(決済注文可)
  • 「同意」の手続きをいただきますと、次回ログイン時より同意手続き画面は表示されません。なお、未同意で回答された場合、標準版へログインする度に同画面が表示されます。
  • Formula簡易版、モバイル、iFormula(スマートフォンアプリ)上ではこの手続きをおとりいただくことはできません。

今回の当社国内商品先物取引きのルール変更点は、大きく6点あります。

主だった変更点

1.

日中立会は午前8時45分開始
日中取引の開始時刻(寄付き)は2016年9月16日(金)までは午前9時ですが、翌9月20日(火)より午前8時45分に早まります。大引けは午後3時15分と変更はありません。

2.

夜間取引終了取引時間は午前5時30分
夜間取引の終了時刻(夜間引け)は2016年9月16日(金)までは午前4時ですが、翌9月20日(火)より午前5時30分、取引時間が延長されます。夜間取引開始時刻は午後4時30分で従来と変更はありません。

3.

証拠金不足未対処時の対処期限は不足金確定した日の翌営業日午前9時
証拠金不足未対処時の対処期限は2016年9月16日までは午前8時40分迄でしたが、翌9月20日(火)より午前9時迄に変更します。未対処時の建玉の強制決済はこれまで同様、午前9時以降に当社にて実施いたします。
対処判定基準につきましては、取引のガイド10ページを参照ください。

4.

強制決済対象となる建玉は、不足金が確定した時点の建玉
不足金未対処に伴う強制決済対象となる建玉(たてぎょく)は、不足金が確定した前営業日大引け時点の建玉となります。これまでの不足金対処期限に保有する建玉ではありません。

5.

金限日(きんげんにち、東京ゴールドスポット100)の取扱開始
金限日(東京ゴールドスポット100)の取引を2016年9月20日(火)のお取引より開始します。売買手数料は金ミニと同じ片道1枚あたり56円(税込60円)となります。

6.

新甫発会(しんぽはっかい)する限月の取引開始は日中立会寄付きから
新たに取引可能な限月(げんげつ)が生まれることを新甫発会(しんぽはっかい)と言いますが、この限月の取引所における取引開始は、夜間取引からではなく、日中取引の開始時間に変更されます。

上記内容に関しまして、ご不明な点等ございましたら、カスタマーサービスセンター(フリーダイヤル : 0120-41-1004)までお気軽にお問い合わせください。

補足

2016年9月20日(火)より東京商品取引所において、取引時間等の制度変更が実施されます。
変更される点は大きく、以下5点となります。

(1)

取引時間の変更

(2)

寄付き、引け時の立会い方法の変更

(3)

注文取消不可時間帯の導入

(4)

サーキットブレーカー制度の変更

(5)

注文の種類の変更

また、この制度変更に伴う取引所のシステム移行に伴い、2016年9月16日(金)は全商品の夜間取引(16:30~)が休場となります。

上記変更点につきましては、以下のページよりご確認いただけます。

東京商品取引所

当社webページ

免責事項

当該情報は、当社の属する業界、業務、予定や目標、財務状況や業績についての将来見通しに関する記述を含んでいます。これらの将来見通は、 リリースされた時点における当社の期待、想定、見込み、予測などに基づくものですが、様々なリスクや不確実性を含む可能性があります。実際の 業績は、不確実性やその他のさまざまな要素により、将来見通しに関する記述に含まれ、示唆された業績の見通しとは大きく異なる結果となりえま す。当社は、当社の期待、予測、見込み、または将来見通しに関する記述に記された情報が達成されることを保証しません。また、当社は将来見通 しに関する記述を最新のものに更新する義務を負いません。この情報は投資勧誘を目的としたものではありません。

注意事項及びリスク開示

楽天証券で取扱っている商品(国内商品先物取引)は、元本及び利益が保証されるものではなく、証拠金を預託することにより少額の資金でその数倍~数十倍の金額のお取引を行うことが可能なレバレッジ商品です。このレバレッジ効果のため、相場の変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。ロスカット注文が設定できる取引であっても、相場の急激な変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。また、相場の変動により追加で証拠金を預託する必要が生じる可能性があります。
各商品の「取引証拠金の額または計算方法」、「ご負担いただく手数料等」及び「リスク等」は商品毎に異なりますので明示できません。各商品の詳細につきましては、「当社Webサイトの当該商品のページ」もしくは「契約締結前交付書面等」をご確認ください。
お取引に際しましては「契約締結前交付書面等」を熟読の上、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組み下さい。

会社の概要
  • 社名:楽天証券株式会社 URL https://www.rakuten-sec.co.jp/
  • 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号
  • 商品先物取引業者
  • 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
  • 所在地:〒158-0094 東京都世田谷区玉川 1-14-1
  • 資本金:7,495百万円
  • 設立:1999年(平成11年)3月24日
取引等に関するご相談

楽天証券(株) カスタマーサービスセンター 電話:0120-41-1004 ※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは、0570-07-1004 / 03-6739-3333 (有料)

当社に対するご意見・苦情の申し立て

お取引に関する相談等は

楽天証券(株) カスタマーサービスセンター
  • 電話:0120-41-1004(通話無料)
    ※携帯・PHS・050で始まるIP電話からは、0570-07-1004 / 03-6739-3333 (有料)
  • 受付時間:8:00~18:00 (土日祝日・年末年始を除く)
  • E-Mail:customer@commodity.co.jp
  • 資料請求・口座開設

ページの先頭へ

楽天証券の商品先物取引「ドットコモディティ」 > お知らせ > 【重要】取引所の制度変更に伴うサービス内容の変更について

ページの先頭へ