• 【Q&A】よくあるご質問

新規口座開設

  • 資料請求・口座開設
  • 国内商品先物取引口座開設はこちら

口座をお持ちのお客さま

  • Formula 取引ツール フォーミュラのログイン画面へ

はじめての商品先物取引|商品先物を学ぶ|楽天証券の商品先物取引「ドットコモディティ」

商品先物を学ぶ

はじめての商品先物取引

商品先物をはじめて取引してみたいとご検討いただいているお客様向けに、「商品先物とは?」「口座開設前の準備」「取引のルール」「取引ツールの操作方法」の4つの動画を提供いたします。

同じ先物取引である日経225先物ミニと比較について、商品先物の取引ツール「Formula(フォーミュラ)」の操作方法など、わかりやすく解説をしておりますのでぜひ、ご覧ください。

動画を見る前に、必ずこちらのリスク説明をご覧ください

必ずご確認ください 動画視聴時の注意事項

国内商品先物取引はリスクがある取引です。

動画内でご案内している国内商品先物取引は、証拠金取引であり、取引に際して預託する証拠金の額は、総取引金額に対し概ね1.7%~5.0%の額(レバレッジに換算すると概ね19倍~58倍)であり、総取引金額に比較して少額となります。

そのため、商品市場における相場の変動幅が小さくとも、大きな額の利益または損失が生じるハイリスク・ハイリターンの取引です。

また、商品市場の相場の変動により損失が一定額を超えた場合に取引を継続するためには、当初に預託した証拠金に加えて、証拠金を追加して預託することが必要となる場合があります。

なお、商品市場の相場が予測に反して変動した際には、損失が発生する可能性があると共に相場の変動幅によっては預託した証拠金の額を上回る損失が発生する可能性があります。

お取引に際しましては契約締結前交付書面等をお読みになり、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い致します。

動画内の資料は、勉強会の為に作成されたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

資料及び資料にある情報をいかなる目的で使用される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本資料及び資料にある情報の使用による結果について、当社は何らの責任を負うものではありませんのでご了解ください。

本資料は将来の結果をお約束するものではございません。尚、お取引を締結する際に実際に用いられる価格または数値を表すものでもございませんので、予めご了承くださいます様お願い申し上げます。

以上の注意事項をご確認の上、動画をご視聴ください。

※レバレッジなどの計算は2014年10月15日時点のものです。

第1回 「商品先物取引とは?」

概要 「商品」であること、「先物取引」であることの特徴・メリットを解説。最後に「日経225先物ミニ」と「東京金ミニ」を比較。(再生時間 約11分)
難易度 ★☆☆☆☆
このような方におすすめ
  • 商品先物取引とは?などを知りたい方
  • 「商品」のメリットを知りたい方
資料 第1回 「商品先物取引とは?」

第2回 「口座開設前の準備」

概要 「証券総合取引口座」と「商品先物口座」の違い、商品先物口座開設の流れ、ユーザーID・パスワードの確認方法など。(再生時間 約14分)
難易度 ★☆☆☆☆
このような方におすすめ
  • 「商品先物口座」の開設まで流れを知りたい方
資料 第2回 「口座開設前の準備」

第3回 「取引のルール」

概要 日経225先物ミニと東京金ミニの、取引時間、証拠金の金額などを比較。不足金などのリスクを説明。(再生時間 約17分)
難易度 ★☆☆☆☆
このような方におすすめ
  • 「日経225先物ミニ」と「東京金ミニ」の違いを知りたい方
  • 証拠金不足の基本的な仕組みを知りたい方
資料 第3回 「取引のルール」

第4回 「取引ツールの操作」

概要 商品先物取引ツール「Formula(フォーミュラ)」の、発注方法、チャートや文字情報の見方などの基本的な操作方法。(再生時間 約13分)
難易度 ★☆☆☆☆
このような方におすすめ
  • 注文の出し方について知りたい方
  • チャートや市況コメントの表示の仕方を知りたい方
資料 第4回 「取引ツールの操作」

ページの先頭へ